私たちは何してるの?

杭州巨力絶縁材料有限会社は2002年に成り立って、ワイヤロープのシールド材料を専門に生産しています。会社は八つのラインを持って、6台のアルミホイル複合機械や6台の割り切れ機械、5台の片方のロープ巻き機械と27方のロープ巻き機械を持っています。月に300トンの生産量ができます。主な製品はPET膜、BOPP膜、片面のアルミホイル、両面のアルミホイル、片面粘着アルミホイルと両面の粘着アルミホイルがあります。製品はたくさんの電線、ケーブル、機電、電子と通信商品まで使われます。会社は業界で先にIS09001とIS014001の承認をもらって、業務継続の計画を立ってました。今は16種類以上の製品と技術特許をを持っています。

12の発明実用の専売
特許を持っています。

SGS ROHS及びISO9001品質
システムの認証をもらいました。

精密的な管理があって、製品は原材料輸入から最後に出荷まで、それぞれの番号がついています。番号によって、それぞれのメッセージを調べられます。品質管理過程は追跡調査できます。

輸出の60%

同業他社に比べて、我々のメリット

精密的な管理があって、5Sの管理システムを使って、細かいことごとにも把握して、品質を安定に保証できます。

16以上の製品技術の発明専売特許があって、技術が先進します。

価額:P-T-Pの提供して、流通するコストを減らします。

会社の設備も先進して、月に300トンも立ち上げます。

会社は業界で先にIS09004とIS014001の承認をもらって、さらに毎年SGS製品品質認証を通して、国際トップの標準を使います。

著作権©2015杭州巨力絶縁材料有限会社テクニカルサポート:浙江華企